ネイリストになるには

ネイリストに資格は必要?

資格は就職の際に大変有利です。
さらに就職してからも待遇面の設定などで有利に働きます。JNECネイリスト技能検定なら2級以上、ジェルネイル検定であれば上級を採用の判断基準とするサロンが多いようです。検定は級があがるごとに合格率も下がり、難易度も高くなります。つまり級を取得しているほど出来る技術が広がり、対応できるお客様も広がるということです。例えば1級を取得していれば、アクリルスカルプチュアや3Dアートを希望されるお客様にも自信を持って対応できます。これがスクール卒業の時点である人とない人とでは活躍の度合いが大きく変わってくるでしょう。ジェル検定も同じように上級まで取得しておきましょう。検定はネイリストの信用を表すものなのです。ほかにも、ジェルやスカルプチュアで有名なメーカーが発行しているディプロマなどが就職の際強みになることもあります。

未経験でも大丈夫?

ほとんどのネイリストが未経験からのスタートです。
手先が器用であったりネイルの経験がある、という方はごく稀でしょう。ネイルの技術ほど、練習量に比例するものはありません。回数をこなせば技術が手に馴染んで上達していく、つまりたくさん練習した人がうまくなるのです。これは多くの講師やネイリストたちが経験していることです。マニキュアの塗り方ひとつとっても自己流とプロとでは手法が全く異なるため、ほとんどの方が未経験になってしまいます。ネイルにまったく触ったことがない、お手入れをしたことがないという方でも大丈夫。逆にまっさらな状態で技術を身につけたほうがすぐに馴染んで有利です。向き不向きもなければ、経験を問われることもありません。素直な気持ちで練習に取り組めるかどうかが最大の鍵です。日本で1番練習に集中できるスクールを目指して毎月カリキュラムやサポートを更新したり、アップグレードしています。安心してスタートしてください。

  • 資料請求
  • いろいろ教えてほしい!カウンセリング
  • 無料体験



このページのトップへ